何でも四谷のJ大では、夢見の古代誌、真怪研究、『冥報記』輪読、それぞれの研究グループが草木も眠れぬ真っ昼間から密談を繰り広げているそうな。

2008年1月25日金曜日

井上円了と哲学堂公園

週明け火曜1月29日~金曜2月1日のそれぞれ午前10:05~10:30に再放送予定だという明治サイエンス事件帖を心待ちにしていると”ゐです。初回は「妖怪ハンター」こと井上円了さんについて紹介されるのですけれども、もう少し暖かくなったならば、皆さんと哲学堂公園を訪れたいものです。養老天命反転地訪問に際しては「身体が反転する以上に言葉が蠢く場所」と書きましたけれども、哲学堂はさてどうなることでしょうか。

2 件のコメント:

と”ゐ さんのコメント...

ううぅ。。。国会中継のおかげで、再放送予定がまたズレた。。。(T^T)

ロハス野村 さんのコメント...

おお、情報感謝でっす。年始にPCがぶっ飛んでノーチェックのままになってました。
哲学堂公園、好きです。理に勝ちすぎてしまっているあたりが、だったりですが。
反転もその点では似たようなもんですが、明治の頃にやってたことを莫大な金をかけて現代にまたやんなよ、と点が辛くなってしまいます。